読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秀でよ凡才

出でよ天才と言われても出ていけない男

   今後の予定




   チケットの予約・取り置き希望はsugitamasataka@gmail.comまで

片山ユキヲ「花もて語れ」(13)

花もて語れ 13 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

花もて語れ 13 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

 ついに完結となる13巻。まず描かれるのはハナちゃんと満里子さんの友情を確かめ合う会話。ここで交わされる会話は以前描かれた内容とそれほど違いがないけれど、だからこそ完結を前に改めて二人の友情を振り返り、そこに藤色先生と五十土さんのことと重ねあわさることにグッときてラストへの期待を高めてくれました。
 で、どんな幕切れを迎えるのか期待が高まるのに比例して緊張し始めたこちらの肩の力を抜かせる満里子さんの不器用な気遣いやそれに応えようとするハナちゃんの姿にほんわかする一幕を挟み、いよいよ朗読コンクールの自由作品「蜜柑」の朗読へ。
 これまでと比べると大きな山場がなくて盛り上がりにこそ欠けるものの、身につけたテクニックの総まとめといえる朗読に積み重ねてきた物語を上手く織り込んだ最後にふさわしい内容で、満足感では過去の名場面にまったく引けを取っていなかったです。
 途中までは「最後なのにハナちゃんがあまり目立たないな。ページ数の都合があるとはいえ、もっとドラマチックに描いてもいいのに」と思っていたのですが、最後まで読んでそうしないことで、勇気づけられる姿(一応伏字)をドラマチックに描かなくても一人立てるようになったんだと伝わってハナちゃんの成長に胸が熱くなってモノローグが染み入りました。
 エピローグの「小さき者へ」の朗読と登場人物の後日談には(最終巻に間に合わせるように明かされたいくつかの設定も含めて)無事に終われたことへの喜びと素晴らしい作品に出合えた喜びと少しの寂しさとが合わさってすごくいい気持ちで読み終わりました。
 欲を言えば朗読の日までを描いてほしかったですが、ハナちゃんの成長物語だけでなく折口先生と藤色先生の関係も併せて考えればここにクライマックスを持ってくるのが正しいのはわかるのでいたしかたないのかなあと……。でも、やっぱり……と、別れが名残惜しくなるくらい大好きな作品です。

 片山先生連載お疲れさまでした。素晴らしい作品と出合えて幸せですありがとうございました。