読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秀でよ凡才

出でよ天才と言われても出ていけない男

   今後の予定




   チケットの予約・取り置き希望はsugitamasataka@gmail.comまで

8月20日即興テキストコント(2)お題「クロスバー直撃」

テキストコント

 頂いたお題もこれで最後。二ヶ月近くかかってしまいましたが、なんとか全部終わらせられました。

生徒:うう……。うう……。
監督:おお! キャプテン。お前、まだこんなところにいたのか。
生徒:監督! すみませんでした! この学校での監督の最後の試合勝たせてあげられなくて!
監督:なんだ、そんなこと気にしてたのか。
生徒:俺、情けないです! あのクロスバー直撃のシュート、俺がしっかり決めていれば!!
監督:気にするな。全力でやった結果じゃないか。俺はそれだけで満足だよ。これからも頑張れよ。
生徒:……はい!
監督:……ただ、ひとつ気になっているんだが。……わざとじゃないよな?
生徒:はい?
監督:いやだから、この試合、わざと負けようとしなかったか?
生徒:なに言ってるんですか監督! そんなわけないでしょう!
監督:いやでもお前、クロスバー直撃のシュート撃ったとき
  「くらえ必殺、クロスバー直撃シュート!」って叫んでたよな。
生徒:俺の必殺技ですから!
監督:必殺かどうかは知らないが、これはもう端からクロスバーに直撃させるつもりだったんじゃないのか?
生徒:違いますよ! 「クロスバー直撃シュート」は監督の生き様と俺の生き様。この二つがクロスして相手に直撃するって意味です!
監督:じゃあ、この場合のバーってなんだろうな。
生徒:クロスバーのバーですよ。
監督:じゃあ、結局クロスバーめがけて撃ってることになるよな。
生徒:違いますよ! それに、もう一回クロスバー直撃シュートを撃ったときはちゃんとゴールしたじゃないですか!
監督:うちのゴールにな! ガラ空きだったうちのチームのゴールにな! これもわざとだよな?
生徒:違いますよ、全力でやった結果なんです!
監督:なるほどな。じゃあ、それはいいとして、お前、キーパーなのに指示無視して攻撃に参加していたのはわざとだよな?
生徒:だって、俺のゴールで監督を勝たせたいから!
監督:その気持ちはシュートを抑えるのに回してくれよ! お前がゴールにいないから15点も取られたじゃないか!
生徒:いいじゃないですか! こっちも15点取れたんだから!
監督:話をそらすな。向こうが緊張で一人以外まったく動けなかったからの結果論だろうが。
生徒:いやあ、ビックリしましたよ。まさか15点取られても負けられないなんて。
監督:今、本音出たよな。負けられないってなんだ負けられないって。
生徒:あ!
監督:まったく。やっぱりわざとだったのか……。なあ、なにか嫌われるようなことしたのか?
生徒:そんなことないです! 俺はただ、この試合を一生忘れらないものにしてほしかっただけです!
監督:なんで悪夢の方で残したんだよ!