読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秀でよ凡才

出でよ天才と言われても出ていけない男

   今後の予定




   チケットの予約・取り置き希望はsugitamasataka@gmail.comまで

ワークショップフェスに行ってきました(1)

 いつもワークショップでお世話になっている即興実験学校の高尾先生のゼミが中心となって行われた(……でいいのか? この期に及んでもよくわかっていない)ワークショップフェスに行ってきました。
 去年は寝坊に加え開催されるのがどこの建物かわからず構内をさまよって最初のワークショップが始まるギリギリに着いたことを反省して今年は早めに到着。会う人みんなから「顔色が悪い」と言われつつ受付を済ませて教室の中に入ると黒板にスクリーンが下げられて「誕生日順に左から座ってください」との表示が。すでにイベントは始まってるんだなと思いながらひとまず一列目の四番目の席に座って待つことに。
 しばらくするとファシリテーターの人も含めて続々と人が集まり、どうやら一月生まれの人が多いようで三十一日生まれの僕はどんどん右側に追いやられ(?)気づけば右側から二番目の席へ。まだ人も来るだろうし、どうせなら今のうちに動くかと二列目の左端に移動。
 教室のあちらこちらで「何月ですか?」「何日ですか?」と質問が飛び交って、僕も何人かの方とやり取りをしました。知っている人の中でも萎縮するいわんや知らない人だらけでは……という性格なので、軽くとはいえ会話のきっかけを与えてもらってワークショップ前にほぐしてもらってありがたかったです。
 人が多い(後で知ったら参加者・ファシリテーター合わせて70人ぐらいいた)ので三列目以降(大体四月~五月生まれぐらい)は頻繁に移動していてそれを見ながら早めに産まれてよかったなと、人生で初めての感慨にふけっていると教室の右の方から「一月の一番端の席空いてまーす!」との声が……じゃあ、動く必要なかったじゃないかよ! いかに判断が裏目に出る性分かを実感したところでいよいよスタート(多分続く)。